2003年
2002年
2001年
2000年
結果はこちら(成績発表)
1月
野田大会(千葉)
10月
浜北大会(静岡)
11月
スーパードッグショー見学
2月
江戸川大会(東京都)
9月
秋が瀬大会(埼玉)    
3月
水戸大会(茨城)
9月
野田大会(千葉)
フリスビー トップへ
 
3月
マザーカップ(千葉)      
 
4月
横須賀うみかぜ公園大会(神奈川)      
 
5月
静岡グランシップ大会(静岡)      
 
5月
千葉ポートタワー大会(千葉)      
 
6月
横須賀うみかぜ公園大会(神奈川)      
 
6月
秋が瀬大会(埼玉)      
 
6月
寒川大会(神奈川)      
 
8月
安比高原大会(岩手)      
 
9月
六日町大会(新潟)      
 
9月
野田大会(千葉)      
 
10月
茨城大会(茨城)      
 
10月
2002Japan Final(新潟)      
 

9月野田大会(千葉)

 
 

すぷうんパパ&すぷうん優勝おめでとう (合計50ポイント)
すぷうんママ&すぷうん3位入賞おめでとう(合計43ポイント)

 
優勝すぷうんパパ&すぷうん
準優勝尚さん&のんちゃん
3位すぷうんママ&すぷうん+楽おねえちゃんも一緒です。

今回すぷうんパパは偉かったです。と褒めておきましょう。

なぜって?

決勝ラウンド残り15秒はあったかな?そこで投げるのをやめて試合終了を迎えました。

ちっとも偉くないじゃない?イエイエ

フリスビーについたわずかなすぷうんの血をみて、これ以上はかわいそうだと判断してやめたのでした。
実はすぷうんママが投げた時点ですでにすぷうんは一度舌を切っていました。
でも鈍感なすぷうんママは、イケイケゴーゴーで投げておりました。すぷうん、ごめんねぇ。(いつも謝ってばかりだぁ)
15秒を残しての試合終了とは、1点でもほしい私にはできない事です。

今回のパパの態度はあらためて、すぷうんとフリスビーをする事の意味を教えてくれました。
すぷうんとフリスビーを始めたのは、勝ち負けじゃなくって「一緒に楽しい」&「一緒で楽しい」のため。
それならば、大切なすぷうんのわずかな怪我でも無理をさせちゃだめだよね。

すぷうんママ今回は真剣に反省いたしました。
で、その思いをここに残す事で自分への訓戒としたいと思います。

 

 

 

【すぷうんのつぶやき】

六日町に引き続き、会場泊だ。車の中は狭くて疲れるけれど、パパママと川の字になって寝られるので楽しいよ。お家ではだめっていつも怒られるし…。それに今回も楽おねえちゃんが一緒だったので車のお留守番も一人ぼっちじゃないからウレシカッタヨ。
大会の事?頑張りすぎて疲れちゃったよ。

【飼い主のつぶやき】

すぷうんパパ

うれしい!!!ママに乗せられてフリスビーを始めて1年。こうして結果が出たことはとてもうれしい。すぷうんよく頑張った。ママにご馳走を作るように言っておくからな。

すぷうんママ

ならんで表彰されるのってハズカシイ。でも今日のすぷうんは本当に良く頑張ってくれました。ありがとう。

 

 
     
  今回の様子  
 

 
楽ちゃんのお姉ちゃん、黒ごまさんはペア大会3位入賞でした♪
 

 

【おまけ*車中の2匹)


【楽】あたしにちゃんとついて来なさい。
【すぷうん】うん。


【楽】写真よ!カメラ目線して笑いなさいね。舌は隠しておきなさいよ。
【すぷうん】ハーイ、ニコッ。(あっ、でちゃった。舌)